妊娠中の貧血を改善したい

妊娠中の貧血、無理をしないでしっかり対処

*

妊娠中の貧血は思ったよりもひどいものだった

妊娠中や産後は貧血になりやすいと言われていますが、私自身も貧血には悩まされました。つわりもひどくて困ったのですが、思ったよりひどかったのが貧血でした。

食事で鉄分を補給

産婦人科では先生に妊婦は赤ちゃんに鉄分や栄養をとられるのでどうしても貧血になりやすいということを言われました。

まずは食事に気をつけるようにいわれましたね。ただ鉄分が足りないから鉄分をいっぱい取ればいいということではなかったです。

あくまで鉄分は足りないものの一部でバランスが重要だということでした。

人によっては鉄分のサプリなどを摂取する人がいるみたいですね。

私の場合は鉄分補給は食事によって補いました。

フラフラ、クラクラを感じることも度々

妊娠中は横になって休んでることも多かったですが、起き上がるときにクラクラっとなることがありました。

起き上がるときはゆっくりと起き上がり脳へ血液が行くようにするといいと聞きました。

入浴中でも血液の循環が良くなると起こることがあるみたいなので注意が必要です。

入浴中にもし貧血で倒れてしまったら命に関わりますからね。

外出先でも注意していました。車などでは同じ姿勢で長時間乗らないとか長距離をあるかないというのもありました。

長距離の移動の場合はこまめに休憩をとっていました。

妊娠していない状況だったら普通に歩いていた距離です。

私は貧血にならないようにちょっとオーバーにしてましたね。

貧血で倒れてしまう人はおそらく妊娠前の行動をしているのだと思います。

妊娠後にも貧血はありましたが、妊娠前に比べれば格段に少なくなりました。

赤ちゃんに栄養をもってかれないからだと思います。

出産後は徐々にペースを戻していった感じです。

妊娠中の貧血は、本当に今ママでないほどの経験でしたので、赤ちゃんのためにもしっかりと鉄分はとらなければいけないと実感した出来事でした。

 - 妊娠中の貧血体験談 ,