妊娠中の貧血を改善したい

妊娠中の貧血、無理をしないでしっかり対処

*

出産時の出血が多く貧血を経験

こどもは今までに四人産みましたが、最初の妊娠中からほぼ毎回貧血を指摘されていて、産婦人科で処方された鉄剤を飲んでいました。

出産の出血で貧血に

妊娠中は貧血といってもそんなにクラクラしたりしんどかったりという自覚症状はなかったのですが、4人目の分娩後、出血量が多くて、普通なら2時間ほどして分娩室から病室に戻るはずが、半日分娩室で安静に経過観察になったときは、少し体を起こすだけで頭がフラフラしんどいという自覚症状がありました。

その後、入院中はずっと鉄剤を飲み続けて、休めるときはしっかり休むようにして、適正範囲になったのを確認してからの退院となりました。そのため入院期間が1日だけ長くなりました。

退院後も処方された鉄剤が無くなるまで飲み続けました。

レバーやプルーンがおすすめ

妊娠中のママさん達には、出産に向けて貧血対策をしっかりしてもらいたいです。

しかし、貧血に効く食材というのは好き嫌いが多い食材だと思います。例えば、レバーやプルーンです。病院食で出る鉄分の多いというシリアルもちょっと癖のある味で私には食べにくかったです。

一度、貧血にいいという話をきいて滋養鉄というものを食べてみたのですが、まさに砂でした。薬と思って水で一気に飲みこめばいいのですが、なかなか難しくてたくさん残って無駄になってしまいました。

なので、私がお勧めする貧血対策は、病院で処方される鉄剤を飲んで休めるときには体を横にして休む事と、できるだけ鉄分の多い食材を使って料理してしっかり食べることです。

 - 妊娠中の貧血体験談