妊娠中の貧血を改善したい

妊娠中の貧血、無理をしないでしっかり対処

*

妊娠中の貧血の症状を見逃さないようにしよう

妊娠するとホルモンバランスの影響で、様々な変化が体にあります。妊娠中期以降、赤ちゃんが成長してくるとママの血液がさらに必要になるため貧血になりやすくなります。貧血になると様々な症状が現れますが、妊娠しているから仕方ないのかも、と貧血の症状を見過ごしてしまうと、どんどんと悪化してしまいます。貧血になっていないか、しっかりと見極めましょう。

貧血の一般的な症状とは?

貧血の症状で一般的に知られているのはこちらのような症状です。

  • めまい、立ちくらみ
  • 動機や息切れ
  • 顔面蒼白、顔の色が青白い
  • 手や足がいつもよりも冷える
  • 口内炎、口角炎ができやすくなる

買い物をしている時にふらつきを感じたり、突然ふわっとした感じがしたりするのはめまいや立ちくらみの症状です。

階段を上っていたり、歩いていて疲れやすくなったり息が苦しくなったら、おなかが大きくなったのだけが原因ではないかもしれません。もしかすると貧血の症状が出ているのかもしれません。

妊娠中の貧血の症状

妊娠中の貧血の症状

貧血かもしれない、と感じたらかかりつけの産婦人科で相談してみましょう。貧血の検査を受けることができ、貧血の場合は鉄剤を処方されることもあります。

妊娠前にあまり貧血とは縁のなかったママは貧血の症状を見過ごしてしまうことが多くあります。妊娠しているから、そのせいなんだ、と軽く考えずに、妊娠したら貧血になりやすくなるんだということを心のどこかで覚えておいてくださいね。

貧血を初期の段階で見つけるのは難しいかもしれませが、ひどい貧血になる前に積極的に鉄分を補給することで、おなかの中の赤ちゃんもママも安全に妊娠期を過ごすことができます。

普段の食生活でも積極的に鉄分を摂っていってくださいね。

 - 妊娠中の貧血を何とかしたい , ,