妊娠中の貧血を改善したい

妊娠中の貧血、無理をしないでしっかり対処

*

サプリメントを活用して貧血を乗り切る

妊娠中はいろいろトラブルがありました。つわりに始まり、腰痛や貧血。もう本当に大変で、無事に出産まで行きつけるのか…?とかなり不安になりました。その中でも、貧血には気を付けていたので、その時のことを書こうと思います。

突然始まっためまい

妊娠がわかった時は、つわりがひどくてとにかく気持ちが悪かったです。妊娠したと気が付いたときも、ある日突然ご飯の炊ける匂いや電車の中のニオイが気持ち悪くなり、立っていられないほどになったからです。

これはおかしいと思い、妊娠検査薬を試したら陽性で、病院に行ったところ、やはり妊娠をしていました。それからはつわりとの戦いで、食べては吐き、食べては吐きをただひたすら繰り返していました。

水も飲むことができない日が続き、体重もどんどんと落ちて行きました。これではいけないと思っていたのですが、とにかく食べることができない、本当に困りました。

妊婦検診の時、そのことを伝えると、薬やら点滴やらいろいろしてもらいました。でも、あまりよくならず…

でも、本当にこのままではお腹の中の赤ちゃんに影響があると思い、食べられそうなゼリーやヨーグルトなど、のど越しの良いものを少しずつ食べるようにしました。ただ、やはり前と比べると、食べる量は圧倒的に減りました。

サプリメントを飲み始めた

もう食べるのは無理かもしれない、と思い、サプリメントや栄養価の高いドリンクなどを摂取することにしました。サプリメントは、粒を飲むのがつらいので、細かく砕いて味の濃いジュースや栄養ドリンクと一緒に飲むようにしていました。

それを1ヶ月くらい通づけたところ、数値もだんだん良くなってきました。つわりの方もだんだんと治まってきて、少しずつ食べれるようにはなってきました。ただ、たまに病院での点滴は必須でしたが。

妊娠8ヶ月頃になると、めまいや立ちくらみ、腰痛、などの症状も出てくるようにはなりましたが、出産まではあと少しだから頑張らないと、となんとか自分に言い聞かせてやっと頑張れた感じです。

食べるのはつらかったですが、食べないとお腹の赤ちゃんに影響があるから、私が必ず何とかしなければいけないと思い、一生懸命食べました。そのおかげか、3000グラム越えの大きな男の子を出産することができました。

妊娠している時は本当に大変でしたが、我が子と一緒に暮らせてとても幸せです

 - 妊娠中の貧血体験談