妊娠中の貧血を改善したい

妊娠中の貧血、無理をしないでしっかり対処

*

妊娠中の喫煙の危険性

妊娠中の女性の喫煙は一般的に良くないと言われています。ママが摂取する食事や生活が、赤ちゃんの栄養や酸素の供給に大きく影響していきます。喫煙によって赤ちゃんに十分な酸素や栄養がいきわたらず、低体重で生まれたりその他にも障害が出てくる可能性があり、妊娠中の喫煙に良いことは一つもありません。

妊娠中の喫煙は赤ちゃんに様々な悪影響がある

ニコチンは一般的に血管を収縮させる作用がありますので、喫煙する事で妊婦さんの体全体の血管が収縮し、結果的に血流が悪くなります。

同時に一酸化炭素が入ってくることにより、血液中に本来取り込まれるべき酸素の量が低下し、その結果胎児に十分な酸素が行き渡らなくなり、胎児が低酸素状態、酸素欠乏状態になってしまう恐れがあります。

同時にこのような胎内の環境で妊娠中を過ごしていくと出産後、赤ちゃんが低体重児であったり、子宮内胎児発育不全、先天性異常の原因になったりもします。

妊娠中の喫煙は控えよう

妊娠中の喫煙は控えよう

喫煙の影響は母子の体に

また胎児への直接的な影響ばかりではなく、継続的にこのような状態が体内で起こっていると、子宮や胎盤機能にも十分な血液循環が悪くなり、子宮の収縮が起こりやすくなって早期流産の可能性や前置胎盤や早期剥離など、母子共にリスクが高くなる心配もあります。

誰もがやはり健康な赤ちゃんが生まれてきて欲しいという願いは同じでです。

それが喫煙によって様々な深刻な影響やリスクが伴うものだと証明されている以上は懸念されるのが当然です。

新しい生命をこの世に送り出し、その子がまた人生を歩んでいくのに一時の喫煙によって人生を左右させてしまうような事は避けたいですね。

 - 妊娠中の生活のこと ,