妊娠中の貧血を改善したい

妊娠中の貧血、無理をしないでしっかり対処

*

貧血の改善にはサプリメントを摂取するのも方法

妊娠すると貧血になりやすく、病院で鉄剤を処方されることもあります。この鉄剤は体に合わないというママもいて、処方されてもなかなか飲めずにいるということもあります。その場合、食べ物から積極的に鉄分を摂取することになるのですが、妊娠中はお腹が圧迫されたりつわりの症状があったりと、多くを食べられない時もあります。食べ物から鉄分を摂取できない時はサプリメントに頼ってしまうのも方法の一つです。

鉄剤の副作用

妊娠中になりやすい貧血、病院で検査をして貧血と診断されると鉄剤を処方されることが多くありますが、この鉄剤が体に合わずに吐き気を感じたり、便秘、便が黒くなったりすることがあります。

それでも飲み続けていれば貧血は解消されていきますが、不快に感じるママもいるでしょう。この症状は鉄剤の鉄が胃を刺激するために起きる症状で、便秘や便の色に関しては水分を多く摂ることで緩和されます。

食べられない時はサプリメントも活用しよう

食べられない時はサプリメントも活用しよう

妊娠中はただでさえ便秘になりやすくつらい時期ですので、鉄剤を飲むことで便秘が悪化してしまう可能性も十分考えられます。

妊婦さん用のサプリメントも活用

鉄剤が体に合わないと感じたら、食べ物から積極的に鉄分を摂っていくことをおすすめしますが、貧血になりやすいと言われる妊娠中期は子宮から胃へのの圧迫が始まったり、つわりの症状がまだ続いていることもあります。

食べ物から十分な鉄分を摂取できないこともあるでしょう。そんな時は、妊婦さん用の鉄分のサプリメントを活用してみるのも方法です。

貧血をそのままにしておくと、ママの体調がどんどん悪くなり、立ちくらみやふら付き感がひどくなっていってしまいます。転倒してしまったりするとおなかの赤ちゃんにも危険が及びますので、貧血の症状を感じた時は改善するようにしていきましょう。サプリメントも強い味方です。
 
>>妊娠中にも飲める鉄分補給サプリメント

 - 妊娠中の貧血を何とかしたい , ,